カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

Rale: Twilight/Soumrak 【予約受付中】

日本とチェコのチェンバーロック合作、凄い個性!

Rale: Twilight/Soumrak 【予約受付中】

通常価格:
2,630円(税込)
価格:

2,630円 (税抜 2,435円)  

[ポイント還元 26ポイント〜]
購入数:
お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 5.0 (1件)
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

チェコの現代ロックシーン(Dunaj, Iva Bittova等)で大活躍中の職人肌ギタリストVladimir Vaclavek、Tara fukiの超美人チェリストAndrea Konstankiewicz、そしてAfter Dinner、Volapukなど世界のチェンバーロックシーンで活躍中の日本人ヴァイオリニスト福島匠を中心としたスーパープロジェクトRale唯一の作品。Vladimir Vaclavekのセンスがみなぎるハイクオリティなギターサウンド、ダークなリフを刻むチェロ、そして東欧的なノスタルジーとエキゾチズムをかもし出すヴァイオリンが絡むだけで鳥肌物の美しさですが、そこへ、曲により、詩の朗読(日本語、フランス語等)や日本語の怪しいヴォーカルが乗り、シュールながらも耽美的な世界が構築されています。個人的には、今までチェコのCDを1000枚以上聴いてきましたが、ベスト5に入る素晴らしい傑作と言えます。チェコ音楽を語る上で外せない重要作品であり、チェンバーロックファンへ強力に推薦する傑作です!!

【予約受付中】
締切:5月19日(金)23:59
納期:5月下旬以降
※ 予約後はキャンセルできませんので、予めご了承願います。
他の商品と同時購入の場合、 当商品入荷後、同時に発送致します。

01. Twilight (10:30) 試聴
02. zablesk 1 (2:06)
03. Amenoyuki (3:55)
04. zablesk 2 (0:15)
05. V plameni (6:41) 試聴
06. zablesk 3 (1:03)
07. Biale mrozy (6:09)
08. zablesk 4 (1:19)
09. Moondance (3:56) 試聴
10. zablesk 5 (0:58)
11. Bludiste (7:39)
12. zablesk 6 (2:50)
13. Nedojdes (4:19) 試聴
14. zablesk 7 (3:04)

Vladimir Vaclavek - vocals, el-guitar, bass, djembe, percussions
Josef Ostransky - vocals, ac + el guitar, darbouka, percussions
Andrea Konstankiewicz - vocals, cello
Takumi Fukushima - vocals, violin, viola
Cynthia Phung-Ngoc - vocals, viola



■ お客様の声

おすすめ度  星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 峠様 2008-08-09
久しぶりに、心の底から素晴らしいと思える音楽に出会えました。
特に1曲目のチェロが作り出す独特のリズムとギターやバイオリンとの絡み・・・それに怪しげなヴォーカルが一度聞いたら忘れられない。
変だけど洗練された美しさがある、力強いサウンド。

・本当にすばらしく、毎日のように聴いています。
まさか日本語の歌詞の曲があるとは… 最初、聞き間違いかな?と思った程です。
とってもシンプルな歌詞ですよね。そこがまたいいんですけど。
歌詞カードも凝っていて、いい感じです^^

・新作で満足できるものに出会えたのは、本当に久々です。
なまじシンフォニックな指向性のものでないのが幸いしているのでしょう。
曲やアレンジは、びっくりするほどではありませんが(もとよりチェンバーやレコメン、ジャズロック、カンタベリー系は大好きですから)、最近のものならではの洗練、緻密、そして録音面の向上、デジタルならではの音質(難点もありますが) etc・・・に、 久しぶりに「ああ、やっぱりいいよなぁ」とつい頬もゆるみがち。
加えて、私も昨年秋“マイ・ミレ二アム"の一環と称して、この5、6年来の憧れであった プラハの地を踏むことができたので、その時の思い出がプレイバックしたりして もう感慨もひとしおでした。

・3年前に旅したプラハの街角で見た底意地の悪いユーモアをたたえた看板を思い出しました。
特に、歌詞カード(っていうのかな?)の造りにはなかなか細かい仕掛けがありこれだけでも大いに得した気分になりました。

・始め聞いた時はちょっと日本語の歌詞に一歩引いてしまうところがあったのですが、何度も繰り返し聞いているうちに、何時の間にか自分も曲に会わせて日本語の歌詞を口ずさんでいました(笑)。
聴けば聴くほど妙な味が出てきて、彼らの世界に引き込まれて行ってます。 次回作にも期待したいです。