カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

Caprice: The evening of Iluvatar's children -Elvenmusic 2-

室内楽編成(ヴァイオリン、チェロ、フルート、バスーン、ハープ等)による上品な演奏をバックに、微睡むような美声ヴォーカルを全面にフィーチャーした、幻想的妖精サウンドが特長の、ロシアのファンタジック・チェンバーバンドCapriceの最新作です。今作でも「ロード・オブ・ザ・リング」等トールキンを引用した歌詞、1stアルバムから一貫しているアカデミックな室内楽演奏を聴かせてくれます。更に、「静と動」、「陰と陽」の対比が見事に描かれた楽曲には、一段と進歩した印象を持ちました。まさにこれぞ、「ヘヴンリー・ヴォイス」とも言えるPrikosnovenieレーベルを象徴する傑作ではないでしょうか。美しいサウンドをお求めの方、サロン系チェンバーファンにもにオススメ。

Caprice: The evening of Iluvatar's children -Elvenmusic 2-

通常価格:
3,880円(税込)
価格:
3,880円 (税込)  
購入数:
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

1. Rhyme of LOve
2. Of Beren and Luthien
3. O ROwan Fair
4. Bath Song
5. Elves of Rivendell
6. Shadow Bride
7. Galadriel's Song
8. Galadriel's Message to Aragon
9. Galadriel's Message to Legolas
10. Athelas
11. Elves Rolling Barrels
12. Sam's Song
13. The Tower of Cirith Ungol
14. Passion (Sam Finds Frofo)
15. Elves Beyond the Sea
16. The Last Ship

お客様の声
・大変楽しく聴ける作品です。この作品も映画を観ている感じがします。
音楽が素敵なので詩も知りたくて、辞書片手に頑張ってしまいました。
より具象的な感じがします。
 
・まさに天使の歌声でした。
賛美歌のように綺麗で、そこに男性の低く囁く声や叫びに近い声が入ってる曲は、ダークな雰囲気もあってとても素敵でした!
切ない旋律にドラマを感じました。
弦楽器の繊細な音と美しく高く響く歌声が幻想的な雰囲気を盛り上げていて、瞳を瞑って曲の世界に入り込んでしまいました。
・非常に幻想性が高く、うっとりとしてしまいます。
また、トラッド的な要素もあったので楽しめました。
・相変わらず綺麗ですね。
いつもながらちょっと予想外の展開をしてくれる曲の創りが興味深くて大好きです。
・美しい!メルヘンチックで実に気持ちいいです。
浮世離れしたい時に最高ですね。ファンタジー映画のBGMにもなりそうです。
静と動のコントラスト、メリハリもきいていて、この作品の世界にいつのまにか引き込まれます。傑作。