カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

Louise Avenue: Let's take one more

プログレファンの間ではチェンバーロック王国として知られるベルギーですが、Univers ZeroやJulverneなどの大御所の裏で目立たない存在ながらも、実はサロン系チェンバーとして、すばらしいクオリティを誇るプロジェクトがこのLouise Avenueです。Jan Kujikenのチェロを中心に、Univers Zero人脈からは、Jean-Luc Plouvier(piano)、Dirk Descheemaeker(clarinet,sax)、更に、ヴァイオリン、チューバを加え、美しくも躍動感溢れるチェンバーミュージックを奏でています。サウンドの傾向としては、Julverneと現代音楽の中間を行く、適度にクラシカルで、また適度に砕けた感じが聴きやすくも知的な印象を醸し出しています。現代音楽として聴くにもよいですし、サロン系チェンバーロック(ロック色は弱いですが)として聴いて楽しんでください。いずれにしても内容が素晴らしいことは保障します。

Louise Avenue: Let's take one more

価格:
2,480円 (税込)
購入数:
お客様の声へのリンク レビューはありません
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる

1.Metamorphose 1 2:08
2. Metamorphose 2 2:13
3. La Nuit Des Tritons 4:15
4. Hop! 1:17
5. The Black Tango Suite -part1 0:57
6. -part2 1:43
7. -part3 2:23
8. -part4 2:59
9. Sombre 2:22
10. Hit 3:10
11. Nonchalance 4:24
12. Mirrors 3:20
13. Quatuor 2:46
14. "3" 2:26
15. Fag-Rag 3:59
16. Articule 5:32
17. Rex Regina 0:35

お客様の声
・いや、待っていました。
9,10曲目など、Julverneと較べながら楽しんでおります。またグループでやって欲しいです。
・このグループは知りませんでした。
JulverneとArt Zoydの中間のような明暗を共存したチェンバー・サウンド、密度の濃い知的な作品でとても気に入りました。

関連商品

Les Fragments de la Nuit: Musique de Nuit(LP)

2,870円(税込)
購入数

JULVERNE: Le pavillon des passions humaines

2,600円(税込)
購入数